クララ・シューマン:三つのロマンス, Op.22ピアノ:岩尾麻梨菜 チェロ: ミナ・キム

岩尾 麻梨菜 

ピアニスト

福岡県福岡市出身。ピアノを平川美幸氏のもと始める。

 

2017年夏、アメリカメイン州で行われるボードン国際音楽祭のコラボレーティブピアノコースに全額奨学金を受け招待される。以後コラボレーティブピアニストとしての活動の場を増やし、2018年夏アメリカのサンタバーバラにて行われている音楽祭、ミュージック・アカデミー・オブ・ザ・ウェストに招待を受け、8週間コラボレーティブピアニストとして参加,。マスタークラスを受講し多数の演奏会に出演。2019年夏にも再び招待された。そのほかニューヨークのクラシック専門ラジオ局、WQXRにてチェロ奏者ミナ・キムとの演奏が取り上げられたほか、2016年秋にはアクロス福岡にてドビュッシー弦楽四重奏団とシューマンのピアノ五重奏を共演するなど室内楽に力を入れている。

ソロにおいてはこれまでにニューヨーク国際ピアノ音楽祭、ボードン国際音楽祭に奨学生として参加。2009年ソロ・コン・トゥッティ協奏曲コンクールにて1位受賞、アライアンス交響楽団とベートーヴェンピアノ協奏曲1番を協演。2015年にはブラッドショー・ブオーノ国際ピアノコンクールにて1位を受賞し、受賞者コンサートにてカーネギーホールデビューを果たす。

現在マネス音楽院、ジュリアード音楽院、カウフマン・ミュージックセンターにてコラボレーティブピアニストを務める他、The School for Strings にて室内楽を指導。ソロ・室内楽ともに演奏活動を積極的に行い、ニューヨークカーネギーホール、リンカーンセンター、ディメンナ・クラシック音楽センターなどのホールにて幅広く活動している。

福岡第一高校音楽科を卒業後渡米、ボストンロンジー音楽院にて学士過程並びにパフォーマンスディプロマを取得、卒業時に選ばれた学生に送られるThe Margaret Rohde Awardを授与される。卒業後ニューヨークへ移り、マネス音楽院にてヴィクター・ローゼンバウム氏のもとプロフェッショナル・ディプロマを取得。2020年ジュリアード音楽院にてJonathan Feldmanの指導のもと、Leah Adler Spielberg Fund Scholarship、David Garvey Scholarship奨学生として修士課程(コラボレーティブピアノ専攻)を取得した。

これまでにピアノを平川美幸、Dr. Maira Liliestedt, Wayman Chin, Victor Rosenbaum, コラボレーティブピアノをJonathan Feldman, Dr. Lydia Brown, また室内楽を Diane Walsh, Yura Lee, Marco Granados, Terry Kingの各氏に師事。

© 2023 by Marina Iwao